ホーム > お料理 > 鴨すき

湖国の冬の味覚 天然真鴨の「鴨すき」

千茂登の鴨すきは、シンプルです。
鴨肉、ネギ、セリ…一つひとつにこだわり、最高の旨味を醸し出します。
余計なものは、入れません。

 

 

メニュー・料金

天然鴨すき(お造り・おもち・フルーツ付き) 8,500円
天然鴨なべ定食(平日昼のみ)(御造り、小鉢、ご飯つき)  2,800円
天然鴨なべ御膳(お造り・鴨ロース他全8品) 4,000円
天然鴨なべ付き会席(約10品) 6,000円

いずれも税込み価格です。

ご予約はこちらからお願いします

 

天然の真鴨(青くび)のみを使用

天然真鴨の中でも、最も美味とされる「青くび」の鴨を厳選して使用しています。冬の訪れとともにシベリアから飛来し、春には帰って行くため、味わえる期間は11月~3月に限られます。合鴨のような脂身のしつこさはなく、締めのうどんやお餅まで満喫して頂けます。

たたきと日高昆布のだし

鴨の骨や肉を厚い包丁で何度もたたき、山椒を隠し味に使った特製の肉団子を、最初に鍋に入れます。最高級の日高昆布から取っただしと、団子からにじみ出る旨みが「鴨すき」の味を引き立てます。最初はあっさりと、徐々にコクが高まっていきます。

こだわりの食材

柔らかく甘みのあるネギ、香り豊かなセリ…鴨すき専用の野菜を地元の農家にお願いして裁培して頂き、毎朝採れたてを吟味しています。炭火で焼き、焦げ目を付けた国産大豆使用の木綿豆腐もこだわりの品です。
鴨すきには「鮒の子つき」(琵琶湖のフナに、フナの卵をまぶした刺身)、自家製のお餅、デザートも付いてお腹いっぱい、体の中から温かくなり、寒い時期は特に満足して頂けると思います。

 

鴨すきのおいしい召し上がり方

  1. すき焼き鍋のような鉄鍋にだし汁を入れる
  2. 鴨のたたき(丸ダンゴ)を入れる
  3. 鴨のバラ肉(ロース以外の雑身)を入れる
  4. 糸こんにゃく→とうふ→ネギ→セリの順番に入れる
  5. 上に鴨のロースを並べる

 

このページのトップへ